iPhone 12 Proを2週間使った感想とガードするために買ったもの3つ

発売日にiPhone 12 Pro ゴールド128GBを購入したミステリー作家・天祢涼です。発売直後にiPhoneを買うのは3GS以来だったことがわかり、ちょっと驚いてます。こんなにガジェット好きを自称しているくせに(笑)。

2週間ほど使った感想

いろいろセッティングして、本格的に使い始めて2週間ほど。使い心地や、いろんなレビューサイトを見ていると「Proモデルじゃなくて充分だったかも」という気がしないでもない(^_^;) iPhone 12は無印もProも、できることはほとんど同じですからね。

もっと言えばiPhone 12 miniの片手で操作できる感に惹かれてます……iPhone 12 Pro Maxはさすがに大きすぎるけど。

ただ、望遠レンズが強化されたiPhoneを一度は使ってみたかった。なので後悔はありません。実際、近づかずにお猫さまの写真を撮ったことが何度かありますしね。

既に方々で言われていることですが、これまで使っていたiPhone 7と較べると角が角張っています。iPhone 6から採用されていたラウンド型があまり好きではなかったので、5sに回帰したようなこのデザインは個人的には大歓迎(購入の決め手の一つでした)。7よりも掌に馴染む感じがする。あまりに馴染むので、用もないのに持ちたくなってしまう。これはスマホ依存の第一歩なんじゃ……(笑)。

なお、これも既に方々で言われている「マスクをしているとFace IDが機能しない問題」ですが、個人的にはそこまで困ってません。外でiPhoneを使うのはカメラかメモアプリくらいだし、指紋が薄いのかTouch IDが機能しないことが多々あり、パスコードを打ち込む習慣が身についているからです。

というわけで、いまのところ概ね満足。下記3つのアイテムでしっかりガードして日々持ち歩いています。

一応アフィリエイトも貼っておきますが、「天祢涼の使用環境では問題なくiPhoneをガードしてくれてるアイテム」です。参考程度に思っていただければm(_ _)m

ケース

iPhone 7時代から使っているTORRAS社製のケース。7を買おうと思った時点でレッドが販売終了していたので、気分だけでも味わおうと赤いケースをさがしていたら見つけました(ほかの色もあり)。余計な装飾が一切ないことがお気に入り。12でもこのケースにしました。

手触りもいいのですが、7時代の経験を踏まえると割とすぐヌルヌルし始めて、テカリ出します。それはそれで味がある色になるのでまったく構わないのですが。

この赤がたまらく好き。かっこいい!

Pixelmatorというアプリで色味を若干加工しているので、実物は通販サイトでご確認ください。

ただ、12 Pro ゴールドの筐体が高級感漂う宝石のようなので、次のケースはクリア系にするかも。

保護フィルム

ディスプレイが傷ついたら嫌だし、なにもつけていないと眩しすぎるので、反射防止のフィルムを貼りました。この商品にした意味はたまたま在庫があったからであって、特にこだわりはない(笑)。

でもブルーライトカットを謳ってくれているので、ひとまずOK。値段の割にしっかりしてるし、触り心地もいいし、よい買い物をしたと思います(劣化してきたら、もうちょっとブルーライトカット率が高いフィルムにしたいけど)。

ちなみにガラスフィルムは、劣化してヒビが入ったときに指を怪我しそうになったトラウマがあるので、非ガラス製の方が好みです。

カメラフィルム

これまでカメラにフィルムなんて貼ったことはありませんでしたが、「三眼カメラは傷がつきやすい」みたいな記事を見かけたので、泣く泣く(?)保護フィルムを購入。硬度9Hという触れ込みどおり、しっかりカメラレンズを守ってくれてると思います。鞄から出し入れするときの「カメラが傷ついたらどうしよう」というストレスから解放されました。

レンズの周囲が黒いのはフラッシュを焚いたときの反射防止なのかな? フラッシュを使うことはほとんどないのでわからんけど(^_^;)

この黒い箇所がずれると撮影にも影響しそうですが、貼ること自体はそれほど難しくなさそうです……自分は販促物の豆色紙をつくりまくった結果、「シールを貼るのが結構うまい」という謎スキルを身につけたようなので、あまり参考にはならないかもですが。

MacBook Airにwraplusのスキンシールを装着したらカッコよくなった(意外と簡単に貼れた!)

味も素っ気もないデザインですが、iPhone 12 Pro自体の美しさをそのまま活かしてくれるので気に入ってます。

天祢 涼
これでしっかりガードできたし、お猫さまの写真を撮りにいくだけだ!……コロナ禍のせいであんまり出かけられないけど。