『希望が死んだ夜に』が8位にランクイン&「天祢さんおめでとうございます!」事件

Twitterには書きましたが。

『希望が死んだ夜に』が八重洲ブックセンターさんのベストセラー総合ランキング(2018年9月16〜22日)で8位にランクインしました。新刊や大御所さんの著作が並ぶ中、一年以上前に出た本が……お買い上げくださった方、ありがとうございます!

9月26日時点で八重洲ブックセンター本店さん1階に置いていただいている上に、サイン本も5冊つくらせていただきました!

サインを手伝ってくれたのは谷津矢車さん。

なお、このことを私より先に知った作家がいます。額賀澪さんです。

「天祢さんおめでとうございます」

ばたばたしていたのでブログで告知するのをど忘れしておりましたが、9月20日、八重洲ブックセンター本店さんで開かれたイベント「第1回文芸ファンミーティング」に参加してきました。作家三人がお客さんのテーブルを回り、自作のオススメや、ほかの参加作家のオススメ本を語るというお茶会。このときのメンバーは、芦沢央さん、佐藤青南さん、天祢涼でした。

26日、第2回が開催。メンバーは谷津矢車さん、額賀澪さん、似鳥鶏さん。天祢涼は既にお役ごめんだったのですが、みなさんがどんな話をするのか聞きたくて、再び八重洲へ。TwitterのグループDMに「本日うかがいます」と送って、用事を済ませながらマイペースに八重洲に向かっておりました。

すると途中、額賀さんからDMが。

天祢さんおめでとうございます!

天祢涼
どうやら「お待ちしてます」と打とうとして出てきた予測変換を打ち間違えたようだ。やれやれ、ドジな人だ┐(´ー`)┌

そう判断した天祢涼は、このDMはスルーして八重洲ブックセンターへ。到着するなり、「着きました」と送って一階でぶらぶらしていると、書店員Kさんと谷津さんがやって来ました。そこでKさんに言われたのです。

「『希望が死んだ夜に』が先週の売上ランキングで8位に入ってますよ」

「本当ですか?」と驚く天祢涼に、Kさんは頷き、「だからさっき額賀さんがDMを送ったんですよ」。

ああ、なるほど。そういうことか。「天祢さんおめでとうございます!」は「『希望が死んだ夜に』がランクインしていましたよ。おめでとうございます!」という意味だったのか。へえ。

いや、わからんから、それ

前後になんの説明もなく「おめでとうございます」とだけ言われても。それで状況を把握できたらエスパーじゃないですか。

……という趣旨のことを、せっせとサイン本をつくっている額賀さんと合流するなり言うと、額賀さんは笑顔でこう言いました。

「訳がわからないままお店に来て説明された方が驚くかと思って」

うん、確かに驚いたよ。あなたの狙いどおりだよ。でもね、額賀さん。

そんなサプライズはいらないから

「お待ちしてます」と打とうとしてミスったのだと思い、「それに触れずスルーする俺って優しいぜ」と自己陶酔しながら八重洲に向かっていた俺はなんなんだよう!(笑)

皆様に心より感謝

自分の本の話より額賀澪の話の方が多い記事になってしまいましたが、最後にまじめな話を。

イベントがあるので、『希望が死んだ夜に』はしばらく平積みしてもらっていました。その効果でランクインしたのですが、それは表紙や帯のフレーズにインパクトがあって、いわゆる「ジャケ買い」をしてくれた人がいたからこそ。

今回のイベントのために大量に入荷してくださった八重洲ブックセンターさんはもちろん、担当編集者のT氏、装幀担当の関口信介氏に改めて感謝致します。

本書を読んでくださった方や、手に取ってくださった方にも御礼申し上げます。発売して一年以上経っても話題にしてもらえるのは本当に光栄だし、幸せなことですm(_ _)m