第13回「本格ミステリ大賞」候補作決定

天祢涼も所属する本格ミステリ作家クラブ主宰、第13回「本格ミステリ大賞」の候補作が決定しました(公式サイトより転載)。

【小説部門】候補作(タイトル50音順)
『衣更月家の一族』深木章子(原書房)
『スチームオペラ』芦辺拓(東京創元社)
『葬式組曲』天祢涼(原書房)
『夏服パースペクティヴ』長沢樹(角川書店)
『密室蒐集家』大山誠一郎(原書房)

【評論・研究部門】候補作(タイトル50音順)
「インド・ミステリ通史の試み」波多野健(CRITICA vol.7掲載)
「『黄色い部屋はいかに改装されたか 補版』解説」法月綸太郎(フリースタイル)
『21世紀探偵小説 ポスト新本格と論理の崩壊』限界研・編(南雲堂)
『本格ミステリ鑑賞術』福井健太(東京創元社)
『本格ミステリディケイド300』探偵小説研究会・編(原書房)

というわけで非常に光栄なことに、拙作『葬式組曲』も候補作にしていただきました。評価してくださった方々に御礼と感謝を申し上げますm(_ _)m

4thbook

2013本格ミステリ・ベスト10では第7位に選出していただきました

なお、大賞を決める公開開票式は5月11日、光文社会議室で行われるそうです。