辻真先さんから『殺人の多い料理店』拝受

ミステリー界のレジェンド・辻真先さんから『殺人の多い料理店』をいただきました。帯からもわかるとおり、宮沢賢治作品をモチーフにしたミステリーのようです。

レジェンドの傑作、初文庫化!

盛岡のレストランで宮沢賢治の童話朗読会が開かれた。取材に赴いた夕刊紙記者・可能克郎は奇妙な出来事に遭遇。台本に賢治作品の贋物が紛れ込んでいたのだ。参加者を震撼させた“贋作騒動”は未解決。ところが二か月後、参加者の一人・倉村が変死する。朗読会に出演したタレント三木七重と参加メンバーの関係に不審を覚えた克郎は調査を進めるが……。

版元にサイトより

今年90歳になっても新作を書き続け(ただ書くだけでなく、ちゃんと読者さんを楽しませている)、過去の作品も文庫化される。さらに後輩作家の新作も読み続ける……辻真先さんは天祢涼にとって「かくありたい」と思う人生の目標です。

本作も楽しみに読ませていただきますm(_ _)m

hontoは丸善、ジュンク堂、文教堂、戸田書店などが加盟しているサービス。honyaclubは日販が提供している、e-honはトーハンが提供している加盟書店に本をお取り寄せできるサービスです(自宅への配送も可)。Amazonと紀伊國屋書店は説明不要ですね。愛用している書店さんがある人は、ぜひご利用ください。

上記サービスに応援書店さんがない人は、レジで公式サイトを見せて直接ご注文をm(_ _)m