『希望が死んだ夜に』文庫版展開書店36 八重洲ブックセンタールミネ荻窪店

『希望が死んだ夜に』文庫版を展開くださっているorくださっていた大変ありがたい書店さんをご紹介していく連載。今回は、八重洲ブックセンタールミネ荻窪店さんです。

八重洲ブックセンター本店さんではサイン本を3回にわたって、なんと150冊以上(!)つくらせていただき、足を向けて眠れなくなりました。その上、荻窪店さんでも、

こんなに大々的に展開中! 豆色紙も使っていただき、ありがとうございます!!

荻窪のルミネには、少し前の日曜日に客として行きました。屋上で開催されていたブックフェアがお目当て。

やえちゃんもやって来て、天祢涼は付き人面して「やえちゃんが来てますよー」「お写真どうですかー」とお声がけして歩いていました。やえちゃんとお客さんの写真を何枚撮ったことか!(オーラゼロなので、誰にも小説家とは気づかれなかった)

そんな役得を味わっただけで充分幸せなのに、こんな展開まで……。しかも、こちらのお店でも少しずつ売れているとのこと。また足を向けて眠れない書店さんが増えてしまった。

ルミネ荻窪店の皆様、ありがとうございます。次にやえちゃんが来るときは、また付き人面させてくださいm(_ _)m