「楢山鍵店、最後の鍵」(『密室晩餐会』収録)

装幀:スタジオ・ギブ(川島進)
発売日:2011年6月22日
定価:1800円(税別)
出版社:原書房

 

 

鍵屋の息子・楢山和弘は、学校からの帰り道、美しい銀髪の女性と出会う。二言三言言葉を交わし、幸せな気持ちで家の門をくぐった和弘。しかし、その後……。

アンソロジー『密室晩餐会』に収録していただいた一作。帯には「鍵屋の事件の鍵」といただきました。主役はあくまで楢山鍵店側ですが、探偵役を務めるのは『キョウカンカク』『闇ツキチルドレン』の主人公・音宮美夜です。一応「美夜シリーズ」の番外編でもあり、時系列的にどの辺りに位置するかの手がかりも書いているのですが、知人には「細かすぎて誰もわからないと思う」と云われてしまいました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事が気に入ったらシェアお願いしますm(_ _)m

ABOUTこの記事をかいた人

あまね りょう
講談社のメフィスト賞でデビューしたミステリ作家です。著書に『キョウカンカク』『葬式組曲』『謎解き広報課』ほか。このブログでは仕事情報のほか、MacやiPhoneのネタ、猫写真などをアップしております。