芦辺拓さんの『鶴屋南北の殺人』拝受

原書房さんから芦辺拓さんの新刊『鶴屋南北の殺人』をいただきました。天祢涼も『葬式組曲』で参加した叢書ミステリーリーグの一冊です。

ロンドンで見つかった鶴屋南北の未発表作品をめぐる不可解な見立ての連続死、そして「南北の作品」自体に秘められた謎。芝居か現か、過去か現在か。時空を越え複雑に絡んだ謎に、森江春策が七転八倒解き明かしてゆく。

公式サイトより

森江春策シリーズの最新作でもある様子。ありがとうございますm(_ _)m

芦辺拓(著) 本体価格1900円 原書房


e-honはトーハンが、honyaclubは日販が提供している、加盟書店に本をお取り寄せできるサービスです(自宅への配送も可)。hontoは丸善、ジュンク堂、文教堂、戸田書店などが加盟しているサービス。Amazonと紀伊國屋書店は説明不要ですね。愛用している書店さんがある人は、ぜひご利用ください。

上記サービスに応援書店さんがない人は、レジで公式サイトを見せて直接ご注文をm(_ _)m