『平成ストライク』文庫版

少し前にブログに書いた、戻したゲラがこれ。

というわけで、昨年刊行された『平成ストライク』が文庫化されます。

これは決して「過去」ではない。9つのミステリでたどる平成の軌跡。
JR尼崎駅で通勤電車を待っていたカメラマンの植戸は電車脱線の報せを受ける。その後、ホームで見かけた高校生が事故の取材現場にも現れて……(「加速してゆく」青崎有吾)。私は悪を倒すため、正義のために、彼のブログに殺害予告を書き込み続ける(「他人の不幸は蜜の味」貫井徳郎)。
平成に起きた、印象的な事件や出来事をテーマに9人の注目作家が紡ぐ衝撃のミステリ。今を手探りで生きる私たちの心に刺さる、珠玉の競作集!

公式サイトより

執筆陣が説明不要で豪華。天祢涼は東日本大震災をテーマにした短編を寄稿しています。探偵役がデビュー作のヒロイン・音宮美夜なので、最近の作風とはだいぶ異なっている。その辺もお楽しみいただければ幸いm(_ _)m

10月刊で、表紙もほぼ完成している様子。こちらもお楽しみに。