丸善ラゾーナ川崎店&津田沼店さんのフェアに『希望が死んだ夜に』を取り上げていただいております

丸善ラゾーナ川崎店と津田沼店、両店さんで開催中の「ミリオンセラーではないけれど僕らが大好きな作家&作品」フェアで、拙著『希望が死んだ夜に』を取り上げていただいております。ありがたいことですm(_ _)m フェアの詳細は丸善津田沼店の有志スタッフ様による『読書日和』のブログをご覧ください。

というわけで、豆色紙とフリーペーパーを持って丸善ラゾーナ川崎店さんにご挨拶にうかがいました。

お店を入ってすぐのところに展開されていて感激です! 天祢涼がつくったフリーペーパーはこんな感じ。

製作途中のもの。完成版は写真を撮るの忘れた(^_^;)

コメントを使わせてくださった皆様、ありがとうございました。おかげさまで『希望が死んだ夜に』への称賛にあふれるフリーペーパーになりました。

大変光栄なことに、サイン本もつくらせていただきました。ご存じの方も多いと思いますが、サイン本は書店さんの善意でつくらせていただくもので、返本ができません。売れ残ったら不良在庫になってしまいます。

なので、ラゾーナ近辺に住んでいて『希望が死んだ夜に』がほしい人は、丸善ラゾーナ川崎店様でサイン本を買っていただければ大変ありがたいですm(_ _)m 川崎駅は北改札が開通して雰囲気が変わったから、それを見にいく足でラゾーナに行くのもいいんじゃないですかね。←ローカルな話題に便乗宣伝

いまならフェアの棚に『読書日和』も置かれています。丸善津田沼店の有志スタッフさんたちが毎月発行しているフリーペーパー。フェア対象作品に対する書店員さんの熱い思いが書かれていて必読ですよ。『希望が死んだ夜に』には「二〇一七年に読んだ本の中でベスト級の作品」というお言葉をいただております!

フェアは、だいたい今月いっぱいまで開催しているそうです。おもしろそうな本がたくさんあるので、ぜひ行ってみてください。

お忙しい中ご対応くださったNさん、ご挨拶させていただいたIさん、ありがとうございましたm(_ _)m

『希望が死んだ夜に』

2017.09.24