若草書店さんに最後のご挨拶に行ってきた(後編)

前編とあわせてお読みください

帰りの新幹線の中。若草書店の店長さんからいただいたお土産は、おいしそうなお菓子でした。これだけでも充分ありがたいのですが、赤い封筒も入っている。なんだろう? と思いながら中を開けてみると……。

世界で一つ! 「セシューズ・ハイ」のキーホルダー!!

中から出てきたのは、キーホルダーでした。最初はなんのキーホルダーかわからなかったのですが、よくよく見ると……。

「セシューズ・ハイ」のキーホルダー

しかも「議員探偵」「都知事探偵」の2作! 翔太郎の決め台詞(?)である「世襲議員に感謝しろ」も書かれていて、さらに!

ペンやらソフトクリームやらけん玉やら、劇中の小物が大量に!

「どこで買ったんだ? いや、売っているわけがない。まさか?」と思いつつ同封されていた手紙を読むと、思ったとおり。

店長さんの手作りでした

店長さんとは『都知事探偵・漆原翔太郎 セシューズ・ハイ』を刊行したときに知り合いました。随分と気に入ってもらい、本屋大賞の候補にもあげてくれました。うれしく思っていましたが、こんなサプライズまで用意してもらえるとは……。新幹線の中で、目頭が熱くなりました。

白状すると、これを書いているいまも目頭が熱くなっている。

こんなに幸せな思いをする作家って、そうそういないんじゃないだろうか。私にとって一生の宝物です。「ありがとうございました」と100回書いても足りないくらい、ただただ感謝です!

若草書店「隣の隣人」フェア好評開催中!

黒バックに骸骨というガチでホラーな「隣の隣人」フェアは、若草書店さん入口付近で好評開催中!

という理由でツイートしていなかったそうです。おのれ、まんまと驚かされたぜ!(笑)

なお、持参したフリーペーパーも置いていただき、現在はこんな配置になっているそうです。

天祢涼お手製フリーペーパーは、この世に20部だけ。自分の小説の宣伝をしつつ、若草書店さんとの思い出を版面一杯に書き込んでおります。ほしい人は、さあ、いますぐ若草書店八木駅店に行くんだ!! もちろん本も買おうね!(天祢涼は店長さんオススメの東野圭吾作品を含め、5冊購入しました)

敢えて「サヨナラ」とは言わない

今年に入ってから、身近な書店さんの閉店が続いています。さみしいですが、「出版不況」「本離れ」などと言われて久しいものの、本を読む人が減っているとはどうしても思えない。そのうち状況が好転すると確信しています。いずれ再会できるはずなので、いまはこれだけ言ってお別れしたい。

若草書店様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

若草書店さんオススメ!の「セシューズ・ハイ」シリーズは下記リンクからどうぞ!!

『議員探偵・漆原翔太郎 セシューズ・ハイ』

2017.03.15

『都知事探偵・漆原翔太郎 セシューズ・ハイ』

2017.05.16