「物書堂、ありがとう!」と叫びたい。egword Universal 2.1α版がリリース!

egwordで小説を書いているミステリ作家・天祢涼です。

かなりいまさら感がありますが、物書堂さんがegword Universal 2.1のα版をリリースしました。こちらからダウンロードできます。

2007年に販売終了となったegword Universal 2を現在に蘇らせようという壮大なプロジェクト。いまなら誰でも自由にダウンロードできて、無料で使えます(2018年3月31日まで)。みんな、どんどん文章を書いて、バグをフィードバックしよう!

そもそもegword Universalって?

egword Universalとは、かつて「エルゴソフト」という会社が開発・販売していたMac専用の日本語ワープロソフト。縦書きやルビ、圏点、ぶら下がりなど日本語組版に必須の機能が搭載されていて、根強い愛好家がいました(あの村上春樹さんもegwordで小説を書いているそうです)。

が、エルゴソフトの解散に伴い、開発終了。当然サポートも切れ、egwordは使えなくなる……はずでした。

ところが、なぜかmacOSがアップデートされても物ともせずに動作し続け、発売から10年経っても使用できるという異例の状態に。幾多のバグはあるものの、「egwordでないと文章は書けない」という愛好家を魅了し続けたのです!

……と偉そうなことを書いておいてなんですが、天祢涼がegwordを入手したのはここ最近のこと。物書堂さんがいつまで経ってもエディタを出してくれないので(笑)半ば自棄になって入手したら、使い心地のすばらしさにすっかり心酔してしまった次第。

そんな不死身のegwordでしたが、macOS10.13で遂に起動不可能に。天祢涼をはじめ多くの愛好家が「物書堂、早くエディタを出してくれー!」と叫んでおりました。

物書堂がegwordの権利関係を入手!

物書堂さんがエディタを出すまでmacOSのアップデートは控えるしかない。そう思っていたところ、事態は思わぬ方向に動きます。詳細はこちらの記事を参照していただきたいのですが、なんと物書堂さんがegword Universal 2.1として、最新のmacOSでも動くようにメンテナンスを始めたのです。

このニュースを知ったときの狂喜乱舞っぷりはいまもはっきり覚えてます(興奮して眠れなかったほど)。

その後、冒頭に書いたとおり物書堂さんがα版をリリース。ユーザーがバグをフィードバックする形で開発が進められています。個人的な使い勝手としては、ビルド303くらいから使用に困るようなバグはなくなりました。これまでと同じように……いや、それ以上に快適に小説を書いています。

横書きになっていたサジェストウインドウも、ご覧のように縦書きに対応。この瞬間をどれだけ待ちわびたことか! 区切り線もちゃんと縦書きに対応しています。最初のうちは矢印キーを押し間違えてしまいましたが、こんなにニヤニヤしながら押し間違えたのは生まれて初めてです(^_^)

正式なリリース日は?

前述のようにα版の使用期間は2018年3月31日まで。それまでに正式版がリリースされるのかどうかはわかりませんが、なんらかの動きはあるはず。egwordは仕事で毎日使っているので、気づいた点があったらフィードバックしつつ、発売日を待ちたいと思います。

Macでは数少ない縦書きができるソフト。本になったときの仕上がりを想定しながら書けるので、大変重宝しています。文字数や行数の設定も簡単なので、Macで物書きをしているなら、ぜひお試しください。α版とはいえ致命的なバグはもうなさそうだし、なにより、いまならタダですからね(笑)。

ちなみに横書きで物を書くときはScrivener 3を、ブログ記事を書くときはMarsEditを使っております。アプリを切り替えることによって集中する対象を切り替えているのです……単にオタクでいろんなアプリをいじりたいだけかもしれないけど(^_^;)

物書堂さん、egword Universal 2.1を本当にありがとうございます。正式版のリリースを楽しみにしておりますが、くれぐれもご無理なさいませんようにご自愛くださいませm(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事が気に入ったらシェアお願いしますm(_ _)m

ABOUTこの記事をかいた人

あまね りょう
講談社のメフィスト賞でデビューしたミステリ作家です。著書に『キョウカンカク』『葬式組曲』『謎解き広報課』ほか。このブログでは仕事情報のほか、MacやiPhoneのネタ、猫写真などをアップしております。