『殺し屋のマーケティング』

天狼院書店の店主・三浦崇典さんから『殺し屋のマーケティング』をいただきました。

「コンテンツ主義」時代の新しいマーケティング理論!
マーケティング×ミステリー×人間ドラマ=世界初の3次元小説!

「営業」ができない、
「広告」も打てない、
「PR」なんてもってのほか、
世界一売りづらい「殺し」をどう売るか――。

AERA「現代の肖像」、NHK「おはよう日本」
など、多数のメディアで話題!
今話題の書店「天狼院書店」のオーナーが
自ら実践するマーケティングメソッドを惜しみなく公開した、
渾身の本格マーケティング小説!

(作品紹介より)

先日、天狼院書店さんの小説家養成ゼミで三浦さんにお会いしたとき、「普通に宣伝できない殺し屋をどう売り込むか? というマーケティングの小説を書いたんですよ」とうかがいました。あまりにおもしろそうなので興味津々になったところ、「お送りします」と言っていただき、頂戴した次第。

「殺し屋を宣伝する方法をテーマにした小説」なんて、コンセプトからしておもしろそうですよね。読むのが滅茶苦茶楽しみ。ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事が気に入ったらシェアお願いしますm(_ _)m

ABOUTこの記事をかいた人

あまね りょう
講談社のメフィスト賞でデビューしたミステリ作家です。著書に『キョウカンカク』『葬式組曲』『謎解き広報課』ほか。このブログでは仕事情報のほか、MacやiPhoneのネタ、猫写真などをアップしております。