Hagoromo1.14がリリースされました

物書堂さんがegword Universal 2.1をリリースしてくれる日を心待ちにしているミステリ作家・天祢涼です。

デバッカーを募集したら大量に集まってリリース日が早まると思うのだが、どうか?(と無責任に書いてみる)

本日はそのegword Universalではなくて、天祢涼が小説を書くのに欠かせないもう一つのアプリHagoromoの話。

HagoromoはJeditで有名なArtman21さんがつくっているエディタ。縦書きができてルビも振れるなど、日本語で小説を書く身として重宝しているアプリです。先日、新バージョン(1.14)がリリースされました。1.13から、およそ一年ぶりのアップデート。この間、Artman21さんはJetit Ωを開発していたので、手が回らなかったのかもしれませんね。リリースノートによると、アップデートの内容は次のとおり。

バージョン 1.14 の新機能

[仕様改良] ・システム環境設定「一般>スクロールバーの表示」の設定と無関係に常にスクロールバーを表示するようにした。
・「後注の挿入」にUndoをサポートした。
・後注ドロアに「リフレッシュボタン」を実装した。
・スクリプトメニューで .scrpt 形式のアップルスクリプトも実行できるようにした。
・AppleScript コマンド bookmark をサポートした。

[バグ修正] ・マウスまたはトラックパッドで領域選択するときのバグを修正した。
・ブラウザからペーストしたとき文字化けするバグを修正した。
・後注機能の見直しとバグの修正を行った。
・メニュー「書式>リンクを付加」でフリーズするバグを修正した。
・Word .docx 書類の出力に失敗してしまうというバグを修正した。
・ePub出力で「代替フォント」を指定してないと縦書きが横書きなってしまうという不具合を修正した。

上記には書かれていませんが、今回のアップデートでは天祢涼にとって大変喜ばしい改良が加えられていました。

ブックマークのバグが直った!

このブログでも何度か書いてきましたが、Hagoromoにはブックマークした箇所のテキストをいじると強制終了するという、大きな弱点がありました。

天祢涼は各節を3つか4つに分けて、起承転結をつけるようにしています。起承転結のポイントをブックマークしておくのですが、長編を書いていると、どこがポイントか忘れてしまう。気づかずにその部分の文章を直すと強制終了……そんなことが何度もあってストレスでした。

長らく直してほしいと思っていたのですが、今回のアップデートで遂にそれが実現。ブックマークした箇所をいじっても強制終了しなくなりました。

これは本当にうれしい。おかげで余計なことを考えず、文章を書くことだけに集中できます。

今後も着実にアップデートを重ねてほしい

今回のHagoromoのアップデートは、地味ですが天祢涼にとっては過去最大級のアップデートでした。正直、egword Universal 2の使い勝手がよすぎて、この一年、そちらで小説を書くことが増えました。物書堂さんが2.1をリリースするとアナウンスしてから、今後は執筆アプリをegword一本にしようかと思ったのも事実。

でもHagoromoには「フォントの色を検索できる」「一斉にルビを振れる」など、egwordにない高度な機能を備えていて、これに助けられることも多い。使い勝手がegwordより合っている人もいると思います。かく言う天祢涼も、横書きで小説を書くときはegwordよりHagoromoの方が使いやすいと思っています。

今後もお世話になると思うので、末長くよろしくお願いしますm(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事が気に入ったらシェアお願いしますm(_ _)m

ABOUTこの記事をかいた人

あまね りょう
講談社のメフィスト賞でデビューしたミステリ作家です。著書に『キョウカンカク』『葬式組曲』『謎解き広報課』ほか。このブログでは仕事情報のほか、MacやiPhoneのネタ、猫写真などをアップしております。