マガジンハウスさんの『anan』に取材していただきました

マガジンハウスさんが刊行している超有名女性週刊誌『anan』。本日発売の号に、天祢涼のインタビュー記事が掲載されております。『希望が死んだ夜に』に関してお話しさせていただきました。anan Entertainment Newsのコーナーです。ぜひご覧ください。

取材時、ライターの三浦天紗子さんが持ってきた『希望が死んだ夜に』には大量の付箋が! 相当読み込んでくださったようで、鋭い質問をたくさんいただきました。こちらの回答が要領を得ない上に話が方々に飛びまくったのですが、「この人ならきっと上手にまとめてくれるだろう」と安心して(?)思いつくままにしゃべらせていただきました。

いただいた文章は大変きれいにまとめられていて、自分の話ながら読み応えがありました。

ちなみに友人のアーティスト・生島国宜氏が、以前、『SPUR』のインタビューを受けたとき、おしゃれな女性誌に取材されて超うらやましかったので、今回のお話はとてもうれしかった。

生島国宜氏インタビュー

2014.12.08

『anan』編集部の皆様、ありがとうございました。取材に立ち合ってくれた文藝春秋の担当さんにも感謝m(_ _)m

『希望が死んだ夜に』は「傑作」「年間ベスト級」などの高評価をいただき発売中です。

『希望が死んだ夜に』

2017.09.24

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事が気に入ったらシェアお願いしますm(_ _)m

ABOUTこの記事をかいた人

あまね りょう
講談社のメフィスト賞でデビューしたミステリ作家です。著書に『キョウカンカク』『葬式組曲』『謎解き広報課』ほか。このブログでは仕事情報のほか、MacやiPhoneのネタ、猫写真などをアップしております。