iPhone Xに(PRODUCT)REDはなさそう

思いついたネタは片っ端からEvernoteにメモしているミステリ作家・天祢涼です。移動中はiPhoneを使ってEvernoteにメモしています。危ないし、鈍いので必ず立ちどまってメモります(歩きスマホはだめ、絶対!)。

というわけで、いつでもiPhoneは手放せません。愛機のiPhone 5sがちょっとガタが来ているので、先週発表されたiPhone Xに買い替える気満々でした。どうせなら(PRODUCT)REDが出たら買おう……と思っていたのですが、iPhone7と7Plusの(PRODUCT)REDが販売終了してしまいました。ただ、iPhone8シリーズやiPhone X用の(PRODUCT)REDケースは販売されるとのこと。

えっと……これはつまり、「iPhone Xの(PRODUCT)RED版は出ない」ということですよね?

むう、残念だ。となると、もはやiPhone Xの購入を見送る理由はなし。10月27日の予約争奪戦に参戦しないといけません。なんでも出荷数がかなり少ないそうで、激戦になることは必至。ここで予約を逃すと年内いっぱい、最悪、年明けまでは手に入らないとまで言われています、iPhone X。かなりの死闘になりそうです。

でも、ほら。最初のロットは初期不良が多いから。予期せぬ不具合が起こったりするから。だったら改良が施されたiPhoneを手に入れた方がいいから。年明けの入手でも全然構わないから。

……と、こんな風に自分を慰める言葉を考えている時点で既に争奪戦に敗れている気がしないでもない。

なお、10月27日は終日外出しているので、そもそもiPhone争奪戦に参加できるかどうか不明だ!(笑)